節税とトラブル防止には相続相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続相談は亡くなられた個人の意思を反映することももちろんですが、相続人が不要なトラブルを避けるためにも重要です。遺産相続の際には揉めごとになるポイントが沢山ありますし、法律的に複雑な場面も出てきますから、そのような事情に詳しい専門家の知識を借りておくことでスマートに行なえます。見た目的には遺族で遺産を分けるだけなのですが、誰にどれだけ受け取る資格があるのかや、どのように分けるかは難しい問題です。例えば代襲相続という仕組みがあるのですが、これによって親よりも先に子が亡くなっていた場合は、その子の子には相続資格があります。分け方の問題では、不動産のように物理的に分けにくいものは難しいでしょう。このように色々な場面で判りにくいことや、法律的な決まりがあるので、相続相談で専門家のアドバイスを取り入れたほうが後々安全です。

遺産相続で揉めるポイントについて

遺産相続の際には法的ルールがあるので、それを無視してしまうと後から遺産分割が無効とされてしまうことがあります。代襲相続者や養子や隠し子が居た場合には、その存在を知らなかったとしても遺産分割に加えていないと、やり直し請求がなされれば、一からやり直しです。この遺産分割では基本的に相続人が参加できますが、包括遺贈や相続分の譲渡を受けていた場合には、赤の他人が分割協議に加わってきます。このような場合では交渉が難航することも考えられるのですが、専門家を加えておけば法的に適切な処理を助言してくれるでしょう。他にも不動産をどのように分割すれば良いのかや、遺言や生前贈与で特別に利益を受けている者の扱いなどにも知識があるので、何かと専門家が役立ってくれるはずです。

遺産に多くの債務がありそうなときにも相続相談を

遺産相続を行う際には権利やプラスの財産だけではなく、債務や義務の他にマイナスの財産も引き継ぐことになります。特に債務過多でどうしようもない時には、放棄してしまうと財産も債務も一切合財を引き継がないことになるので、これが選択肢です。問題は最終的に相続分がプラスになるのかマイナスになるのか判らない時ですが、この時には限定承認が役に立ってくれます。限定承認は遺産の中のプラスの財産を限度として、債務や借金を引き継ぐと言うもので、最終的に大幅にマイナスになることを防ぐことが可能です。ただし、この方法は相続人全員が共同で行う必要がありますし、何時でも限定承認がベストと言うわけではありません。借金を背負ってしまうリスクが有る場合には、専門家の意見を取り入れることで、最も安心性の高い方法を探せるはずです。

ピックアップ記事

相続相談についてサポートしてくれる機関について

相続問題はデリケートな内容であることがほとんどです。しかし法律に詳しい人間がいなければどのような手続きが必要なのかわからないことが多く、状況によってはトラブルの原因ともなります。そのため相続をサポート...

相続相談の費用について考えておこう

相続は多くの方にとって無視できない問題です。自分には関係がないという方も多いでしょうが、誰かが亡くなった時に自分が相続人になることはありますし、また自分が亡くなった時に財産をどうするのかという事を考え...

相続相談は専門家の窓口を訪ねて

相続に関する悩みは多くの方が抱えている問題です。親が死んだ後の遺産分割、土地不動産の相続、葬儀が終わるとともにあらゆる問題を片づけていかなければならないのです。親族が集まって話をしても、意外に揉めるこ...

弁護士に相続相談する場合のポイント

親族の方が亡くなられた後の遺品整理などは、意外に時間がかかるものです。ご自宅の整理、遺品の売却や廃棄のほか役所への死亡届の提出や保険料・税金の精算があります。また、電気・ガス・水道の公共料金や賃貸家屋...


コンテンツ

カテゴリー